読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

niwaringo.masuda

ひとりますだ

2013年年末2014年年始を怠惰にソシャゲなんかをやって過ごした記録

性懲りもなくやっていました。年末年始にゲーム。以前にゲームをやってリズムが崩れたというエントリーを書いてたのですが、、

ただ今回のは戦略的といいますか、、、意図的なのです。

* * *

年末年始は本当に普段と違う時間の使い方をできる(させられる)ものですよね。日常生活から仕事だけがスポッと抜けるわけではなく、やれ大掃除だ、帰省だ、なんだ年賀状を書くのか、いやはや忘年会だ。等など非日常要素の昇天ペガサスMIX盛りでございます。

こうなってくると、その非日常要素に費やす時間だけでなく、一日の大部分の時間の使い方までもが変わってくるんです。普段全くテレビを見なかったのにボケーとテレビを長時間みたり。

で、そう。ゲームです。

冒頭で戦略的とか偉そうな事を書きましたが、、、何のことはございません。「とにかく怠惰に過ごしてやろう」と決めたのです。きっと放っておいても怠惰になっていく年末年始なら、いっそ思い切って目一杯自発的に怠惰になろうと。ま、いい歳こいたおっさんなので、、、子供の世話や帰省などやらなければならない事をこなしながらの怠惰というチキンぶりが全面に出た怠惰ではございます(震え声

一つ縛りプレイをしました。それはTwitter禁止。Twitterに重点を置いた怠惰なんて日常と何ら変わらなくなってしまうので (ノД`) iPhoneで愛用しているTwitterクライアントのEchofon消しましたからね!!!

* * *

で、真っ先に手を付けたのがソーシャルゲーム。ソシャゲ。やったのは「三国志ロワイヤル」と「サカつくシュート」

結果から言えば、ちまた言われているようにゲームそのものが目的ではなく、時間を潰す事が目的というのを実感出来ました。

ソーシャルゲームを遊ぶ動機は「暇つぶし」・・・「データでみるゲーム産業のいま」第38回 / GameBusiness.jp

予想外だったのは、その時間の潰し方がまとまって時間を潰すわけではなく、細切れに時間を潰すようになっていくんですよね。ソシャゲやっていくと。

年末年始にやった二つは「スタミナ」的な物があってそれが尽きるとゲーム自体できないんですよね。「サカつくシュート」の方は、ゴールデンボールというアイテムに課金する事によってこのスタミナ的な物を回復させる事はできたので課金し続ければ長時間プレイも可能にはなってましたが、三国志ロワイヤルに至っては回復手段がなかったので長時間やることを強制的に抑制されていました。

「細切れに中断をはさみながらゲームをする」というは非常に危険なんですよね。一気に数時間(十数時間)ゲームに没頭すると、その反動が来るんですよね。途中から自分への嫌悪感に苛まれながら、自分で自分に悪態をつきながらそれでもゲームに没頭する事により脱出できる。毒を裏返すことができるようになるんですよね。逆説的ですが、そのゲームを辞めたかったら血反吐くまでやり込めばやめることができるんですよね。それが、ソシャゲのように強制的に中断を挟まれるとやめることが難しい。

結果、暇つぶしのつもりでやろうとしたものが、依存心が勝手積極的に暇を作るようになりました。しかも、細切れの暇を。読書をちょっとして十数ページ読んで、三国志ロワイヤルやってサカつくシュートやって、Webみて、三国志ロワイヤルやってサカつくシュートやって......というような感じで全て行動が細切れになっていくんですよね。

その結果、年末年始ではまとまった時間が必要な娯楽には手を出せなかったんですよね。映画とか。本当はNHKオンデマンドとか試したいなーなんて思っていたんですが無理でした。

で、思ったんです。ソシャゲなど細切れに時間をつかう揮発性の強い娯楽が恐いところってココなのかなって。長時間の作業・暇つぶしが困難な体になる。集中力とかではなくて、細切れな時間の使い方が習慣になってしまうんですよ。これは今までコンソールゲームやオンラインゲームにハマって一気に多くの時間を失った絶望より恐いもんです。

だから、なんていうかよくソシャゲがコンソールゲームをダメにするとか言われていますが、そうじゃなくてコンソールゲームだけではなく、読書や映画なんかのあらゆる長時間束縛系のエンタメが、予想以上にソシャゲ等の揮発性の強い娯楽に影響受けるんじゃないのかなーなんて妄想してます。YouTubeで数分の動画みて、SNSでフィードをパラパラ眺め、LINEでメッセージのやりとりしながらソシャゲやってるなんて生活していると、長時間まとまった時間を使うのが非常に困難になってくるんですよねん。

そういう意味合いでは、DeNAが漫画ボックスを作ったりするのは理にかなっていると思います。「ソシャゲで染み付いた細切れ暇つぶし術でコミックを読む。」なんて合理的なんでしょう。それがいいのかはしらんけど。ゲームでは苦戦しているみたいだけど方向性というかそういうのはすごいなーって思いますです。

私といえば、細切れ暇つぶしの世界に飛び込むこともできず、ソシャゲアプリけしてEchofon再インストールして日常に戻りましたとさ。

※ ちなみにこのエントリーはじめは、ソシャゲはゲームが目的ではなく時間つぶしが目的だ。ゲームは手段なんだ!だから、コンソールゲームとは根本的に違う!!なんて事を書こうかと思ったんですが、よく考えれば私そこまでゲーム詳しくないのでよく分からない年末年始の報告になった次第であります。