読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

niwaringo.masuda

ひとりますだ

がべいかいけつあぷろーち

 計画が『絵に描いた餅』という問題があった場合、それに対してどのようにアプローチを取るのか、という妄想。

「君に求めているのはそんなことじゃない。その餅が実物かだって、大事なことはクライアントにそれは本物の餅だと思わせることだろうっ!」などと『説得力』という謎の武器を振りかざし、その説得力とやらを試す、いい機会だと捉える人。「コンサルタントの先生。それ本心ですか?何の課題が解決するのでしょうか………」

「あなたにとって大事なのはその餅が本物かどうかではありませんよね。大事なのはその餅を使ってなにをなすかでしょうっ!」なんて僕には見えない『本質』という物が見えている人。「論旨ずらして楽しい?」

「それ3Dプリンタで作れるよっ!」って『あーりー』な人。「節子、それ3Dプリンタって言いたいだけや」

「世の中には餅を食べれない人もいるんですよ。その人たちの気持ちも考えてくださいっ」呟きから、奥ゆかしさを取り除いた『ついーと』と呼ばれる拡声器で叫ぶ人。「拡散希望ですか………」

 願わくば、本物の餅をつくれる力と、餅の良さを見据える忍耐力、そしてそれを楽しいと思えるようになりたいです。