読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

niwaringo.masuda

ひとりますだ

流行りの曲は無理せず聞いておけばいいんじゃないのかなっておっさんは思う

「あ、最近の曲とかわからないんですよね」。中二病というかそういうのではなく、きっと本当にそうなのだろう。

 YouTubeでおっさんが懐古から昔の懐かしい曲をみる。そこに若い人が「最近の曲なんか聞かない。この曲(アーティスト)ばかり聞いている。」なんてコメントを残しているのを見て、ちょっともったいないななんて思ってしまった。

 おっさんになって思う。ヒット曲ってそれ自体が時代の空気をまとうんですよ。その曲が好きとか嫌いとか別に関係ない。個人的な思い出が紐付いているわけでもない。かもしれない。ただ、何となく昔が懐かしい。

 本当に好きな曲があってひたすら聞くことによってそれ自体が思いでになったり、なにかのイベントに紐づく思い出の曲があったり、音楽は過去を紐付けるのに役に立つ。色々な役割を果たしてくれる。そんな役割の一つに、ゆるくふわりと懐かしい思いにさせてくれるモノとして流行りの音楽は役に立つから、別に無理して聞かなくてもいいけど、無理して聞かないようにしなくてもいいんじゃないのかな?

 これはアレだろうか。ミリオンヒットなんかが普通に生まれる時代があったおっさん特有で、いまはそもそも流行りの曲なんて物自体が存在しないのだろうか?どうなんだろうか?

 ただ、もし今でも流行りの曲っていう物があるなら聞けばいいと思う。好きな曲は好きな曲で聞けばいい。流行りの曲を聞いても好きな曲が毀損されたり、聞いている自分がカッコ悪くなんてならないからね。