niwaringo.masuda

ひとりますだ

釣りゲームアプリにまつわる悲喜こもごも

地味にずっと気になっていたことがある。

アプリの売り上げランキングを定期的に除いてみると、某ソーシャルサービスの釣りゲームが、低評価を引き連れて、現れては消えるを繰り返しているのだ。

アプリが順位を乱高下させるのはあたり前なのだが、そのゲームはレビューが低いので非常に目立つ。ランキング上位の課金ゲームは認知的不協和のためか総じてレビューが高い。ほとんどが★4つ以上が並ぶ。そのような状況のなかで、★2つ以下というのが常態化しているその釣りゲームは異彩を放っている。

本当に糞ゲーなら、一時的にランキングに上がってもそのうち消えていく。一部にウケが悪い良ゲーなら、時間がたてば売上と相関がある形で高レビューを獲得する。つまり、糞ゲーならゲーム自体が、良ゲーなら低レビューが淘汰されていくものである。

が、その釣りゲームは、ずっと一定間隔でランキング上位に上がってきながら、常に低評価なのだ。

レビュー曰く「一部による常軌を逸した課金」のおかげで売上ランキングの上位に上がってきており、「重課金者でない限りそのゲームはまともに遊べない」状態なのでレビューが低い。重課金者は「ゲーム内での繋がりがあって課金をやめるにやめれない」らしい。なんとも言えないソーシャルの真髄だ。

レビューにはこうも綴られている。「低レビューリセットのためにアプリは一定間隔でアップデートされていけれど『みんな騙されないで!!』」。この正義感はどこから出てきているのだろうか。

真相はしらない。闇が広がっていそうではある……