niwaringo.masuda

ひとりますだ

2015年低価格ボールペンエリアで起きている異変について

 我が世の春、ジェットストリームにあらずんばボールペンにあらず、低価格帯ボールペンエリアにおいて圧倒的に隆盛を誇っているのが「ジェットストリーム」である。

 三色ボールペン、他機能ボールペン、ジェットストリームというように既に一つのカテゴリとして扱われている場合すらある。

 ただここ最近、ジェットストリームが絶対王者として君臨しているという低価格帯ボールペンエリアに異変が起きている。

 フリクションだ。

 消せるというボールペンの根幹を揺るがす特性を持ったこのボールペンが、最近低価格帯文房具エリアで勢力を着々と伸ばしている。

 驕れる者は久しからずなんだろうか。ゲルインクが、水性・油性ボールペンを駆逐したように、ボールペンでは消せるボールペンが一大勢力になるのだろうか。

 定期的に文房具屋に行ってはこの洗いを眺めるのは非常に楽しい。

 ま、個人的にはSARASAがスキなんで、細々と存在しているSARASAエリアが無くならないことを祈るのみである :|