読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

niwaringo.masuda

ひとりますだ

好きを伝えるには好きの理由だけ伝えれば良い

http://www.flickr.com/photos/7155605@N03/6079171508

主義主張でも、物でも、人でも、自分が好きなものというのは、他の人にもわかって欲しい、というのが人情だ。

でも、自分の好きなものを他の人にわかってもらうというのは、本当に難しい。というか、基本的にはわかってもらえない。

こういうとき、分かってもらえないのがもどかしくて、ついつい他のものを落としてしまうことがある。「あれよりこんなに性能が良い」とか、「あの人と違って、僕の好きな人はそんなこと言わない」とか。

わざわざ他の物や人を貶める必要はないのに…… ついついやってしまう。

これ、伝えている方は自分の好きなものを伝えようとしているのだけれど、聞いてる方からしたら、貶めていることが記憶に残る。「ああ、この人はあの人が嫌いなんだ」という印象だけ残って、誰が好きかなんて右の耳から左の耳にスルーだ。

あげくには、文句の多い人って印象になっちゃう。


だからね、自分の好きな物や人のことは、どこが好きかだけキチンと伝えて、伝わらなければそれでおしまい。分かってもらえなかったな。でいいと思う。

聞いている方も、好きなことを話している人を見るのは、うれしいことですからね。


photo by International Livestock Research Institute