niwaringo.masuda

ひとりますだ

歳をとって金で時間を買っていたつもりだけど、実はただの加齢だった疑惑

出来ることならお金で時間を買いたい。

時間をかけていろんな回り道をした。そうやってわずかばかりの知恵を手に入れた、はずである。

これからもずっと回り道をしたいとは思っていない。手に入れた知恵を使って効率よくいきたいじゃない。無駄な時間を過ごすくらいならお金をつかって解決しようよ。

そうやって最近は効率よくなってきたと思っていたわけである。

でも、ふと思う。効率のために時間を買っているのではなく、老化により動けなくなっているだけでないか、と。きっとお金はただ浪費しているだけ。

色々時間をかけて格安SIMを使うくらいなら、多少高くてもキャリアと契約していればいい。調べる時間のほうがよっぽど高コストだ。そう思っていたけれど、これ本当? 格安SIMを理解する能力が退化して無くなっているだけじゃないの?

加齢だよ。加齢。歳とって知恵をつけたんじゃなくて、老化により能力が退化しただけ。

こう思うと、若い頃も時間を犠牲にして知恵を手に入れたのではなく、知恵なんてまったく得ておらず時間を浪費していただけかもしれない。

若い頃は時間を浪費して、歳をとるとお金を浪費する。なにかを手に入れたなんて幻想。ただの浪費。

悲しいね。

「いや、そもそもね、浪費が悪いって誰が決めたの? 無駄なものこそ人生を豊かにするんだよ、わかってる?」なんて強がればいいんだろうか。

よく分からないから、若い頃なら嬉々としてやっていたけれど、いまは億劫でやりたくないことに再チャレンジしようかと思う。

具体的には格安SIMに挑戦してみようと思う……

こうやって理屈こねて、目標という名目をつけてすぐやらないのはまぎれもない加齢だよな。