niwaringo.masuda

ひとりますだ

宿便みたいな失敗を出すと心が軽くなるよね

生きてれば、そら失敗もたくさんある。大きなものから小さいものまで失敗まみれである。

歳をとってよかったなー、って思うことの一つに「失敗を自分でちゃんと認められるようになる」と言うことがある。経験ゆえか諦めゆえか、「あー、あれ、失敗したなー」って自分に正直に思えるようになる。

ところがどっこいここに壁が立ちはだかる。失敗を口に出すという高い壁。

認めてるんですよ。ちゃんと。あれ、失敗だったって。もう混じりっけなしの失敗。でもね、口に出せない。アルコールの力を借りても「ああー、そやね」なんて曖昧な返事が精一杯。認めれたとか嘘だろ、まだまだ怖がってるやん、ってなことになる。

この時期が意外と長い。

でもね、これ、乗り越えると凄い気持ちが良い。汚いけど便秘みたいなもんやね。出るまで苦しいけど出てしまうとすっごい楽になる。

まあ、まだまだ宿便のようにできってない失敗を抱えてるんですがね。